ヘリテイジの登山用ギア各種
HERITAGE Technical Mountain Gears

エマージェンシー ソロシェルター<2G>
不測の事態に対応するために

エマージェンシードーム

エマージェンシーソロシェルター <2G>
¥14,850(税込)

もしもの時のために携行する超軽量、コンパクトな1人用のシェルターです。パーティーの各人が携行するならこのシェルターをどうぞ。

専用のポールセッットもあります。

エマージェンシーソロシェルターは第2世代へ!

高強度極薄10dnの日本製新素材に、特殊な防水透湿通気PUコーティングを国内加工することで、耐水圧は第1世代の約1.5倍、透湿性は約1.9倍へ。結露を軽減し、快適性が大幅にアップしました。 また、織糸に特殊な強力糸を使用することで引裂強度を上げながらも、さらなる軽量化(-20g)を実現しています。

乾燥時平均重量
160g(乾燥時平均)
生地
本体:高強度10Dナイロンリップストップ・透湿ポリウレタンコーティング
耐水圧: 1,230mm(JIS L 1092 A法)・透湿性:367g/sqm/h(JIS L 1099 A-1法)
カラー
レスキューオレンジ

EMERGENCY SOLO SYELTER<2G> 機能説明

このサイズなら緊急用に携行することをためらいません

半底割れ式ソロシェルター ソロシェルターの使用方法

立木やストックなどを利用し設営すれば、横になって寝ることができます。また専用ポールと張り綱(別売)を使用すればしっかりと設営することもできます。

前面はファスナー式の入口で、後面は閉じています。グランドシートの中央部分は入口から約78cmの位置までドットボタンで合わせる底割れ式になっているので、緊急時には靴を履いたまま被っての使用が可能です。
特殊な使い方としてはベンチレータから顔を出して全身をシェルターで覆い、岩棚などでの腰掛けビバークにも対応します。(頭を出すことができる大型のベンチレーターが入口側に一つ付いています。)

ソロシェルターをやや後ろから見る ソロシェルターの設営サイズと収納サイズ

ツェルトは一般のテントとは使用目的が異なる装備です。本体生地の耐水圧は1,000mm以上ありますが、降雨時には縫製ラインなどから漏水がおこることがあります。あくまで緊急用シェルターとお考えください。(エスパーステントのフライシート素材は耐水圧2,000mm以上、縫製ラインにはシームシーリングしています) また、室内では常に換気に注意してください。

シェルターをしっかりと設営するには

エマージェンシーソロシェルター専用ポールセット

エマージェンシー ソロシェルター専用ポールセット
¥4,125(税込)

4m、2mのリフレクティブスーパーガイライン各1本と自在4個、収納袋付き。

立ち木、ストックなどポールとして代用出来る物がないと予想される時にはこちらも携帯しましょう。

●素材
アルミ合金中空ポール(7001-T6)ショックコード内蔵
●重量
130g(張り綱含む)
●収納サイズ
29cm(ポール全長95cmと40cm)

関連商品

クロスオーバードーム f

クロスオーバードーム f

クロスオーバードームを小型化したプライベートドームツェルト。

ご購入はこちら

トレイルシェルター

トレイルシェルター

トレイルランナー御用達。ストック2本でスピーディーに設営可能。

ご購入はこちら

エマージェンシードーム

エマージェンシードーム

冬季の使用率が高い方が好む、底割れタイプのドームツェルト。

ご購入はこちら

エマージェンシーツェルト

エマージェンシーツェルト

もしものために携行する底割れ式の軽量ツェルト。座れば3人まで。

ご購入はこちら