(株)ヘリテイジ/登山用品の企画開発

カートの中を確認する

HISTRY OF ESPACE

エスパースの歴史

1970年、わずか2本のポールを交差させることにより、ドーム型で自立性のある冬山用テントとして「エスパース」は登場しました。当時の冬山用テントの主流はウィンパー型やカマボコ型でした。しかし、それらは自立性がなく居住性、収納性、重量などの問題点が多く、理想のテントとは言い難いものでした。エスパースはそれらの問題点を解決し「快適な居住性」と「軽量化」を両立させ、当時としては画期的な高い耐風性を得ることに成功したのです。

その後も改良を積極的に進め、1970年代には現在のエスパースシリーズの初期モデルが登場しています。高所遠征用「エスパース・サミッター」は数多くの遠征隊から賞賛を受け、5大陸の最高峰に輝かしい記録を打ち立てた影の立役者です。 また、軽量山岳テントの先駆けである「スーパーエスパース」やスリーシーズンでの使用に最適化した「ライトエスパース」の開発。さらに1979年には当時発表されたばかりのゴアテックス®を採用した「ゴアテックス®・エスパース」を発表しています。

1976年 エスパース サミッター

1976年
日本山岳会ナンダデビィトラバース「ナンダデビィ主峰」 エスパース・サミッター

1980年代には「エスパース・マキシム」を発表。パネル素材、ポールを大幅に軽量化した軽量山岳テントの歴史の幕開けとなりました。また、ゴアテックス®・エスパースの大幅な改良やライトエスパースのモデルチェンジなども行いました。

1990年代に入ると、ライトエスパースの軽量モデルである「スーパーライト・エスパース」を発表。そして構造そのものからまったく新しい発想で開発した「エスパースU」を発表しました。

1985年 エスパース マキシム

1985年
レーニン峰(7134m) キャンプ2 エスパース・マキシム

1996年 エスパース2

1996年
日本山岳会青年部K2登山隊「K2・ファイナルキャンプ(C3)7850m」 エスパースll

1998年 エスパース改造モデル

1998年
日本勤労者山岳連盟チョモランマ隊「チョモランマ(C6)8200m」 エスパース改造モデル

こうしてフランス語で‘宇宙’‘空間’という意味のエスパースは、それまでのテント空間とは違う革新的な半円型の空間「エスパース」として山岳テントの代名詞とまで言われるようになりました。そして、1999年以降「エスパース・ソロ」「エスパース・デュオ」「エスパース・マキシム ゴアテックス®」「エスパース・スーパーライト」を次々と発表し、2008年には超撥水加工を施した「エスパース・マキシム ナノ」をデビューさせました。2010年にはテント用防水透湿素材X-TREKファブリクスを山岳テントにいち早く導入し、シングルウォールテントの更なる軽量化を実現しています。

2003年 エスパース マキシム改造モデル

2003年
ガッシャブルム2峰(C2) キャンプ2 エスパース・マキシム改造モデル

2006年 エスパース マキシム

2006年
ナンパイゴスム南峰(C2)  エスパース・マキシム

1970年の発売以来“シンプルなフレーム構造で高い剛性”を基本設計思想とし、理想の山岳テントを目指し開発を続けてきたエスパース。現在ではスリーシーズンモデル、オールシーズンモデル合わせて12機種がラインナップされ、多くの登山者から高い評価を受けています。